第2回シンポジウムチラシ

長崎市文教町の長崎大学文教キャンパスにて、
第2回健康・省エネシンポジウムが開催されました。健康に良い家づくりについて考える「健康・省エネシンポジウムin長崎」では、内閣総理大臣補佐官の衛藤晟一氏が、健康長寿の生活において住環境の整備が必要と唱え、慶応大学理工学部の伊香賀俊治教授が高断熱住宅 における血圧調査の報告とその対処による改善結果報告を語りました。シックハウス症候群の対策に従事してきた上原氏は、ご家族の体調不良の原 因をつきとめるべく住居を調査し、無垢材や珪藻土を活用してマンションを改修。実際の体験談を踏まえた経験を紹介し、現代社会において個々の 健康と住環境を見直す必要性を語りました。

基調講演
・内閣総理大臣補佐官 後藤晟一氏
・慶応義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授 伊香賀俊治氏

第2回シンポジウムH26.02 (1)

第2回シンポジウムH26.02 (2)

第2回シンポジウムH26.02 (3)